建売とは

建売とは、建てられた家の販売です。一部設備変更はオプションで可能な物件もありますが、すでに出来上がっている家とその土地の販売ですので、土地や間取り、設備など大きな変更はできません。また、基礎構造など見た目だけではない重要な部分についてはもう見ることができません。建築途中でも建売として売りに出される場合もありますが、基礎工事を最初から見守ることはできない場合が多いかもしれません。
しかし、売り手主体で建てたものを購入することになりますので作るコストを抑えられ、価格が安くなるのがメリットです。また、購入する側でも土地探しや家選びなど時間的コストを減らし、早く入居して生活し始めることができます。オープンハウスは基本的に建売住宅になります。

注文住宅とは

注文住宅とは、家の構造や間取り、設備、内装などを注文して作る家です。土地も自分で選び着工前から完成まで全ての過程をチェックすることができますので、自分で建てた家という満足感や愛着は格別でしょう。しかし、施工会社と相談しながらとはいえ、自分で一から家を作るというのは思った以上に大変なものです。設計や見積もりの段階から相当時間がかかりますし、工事や設計の変更などで追加費用が発生する場合も少なくありません。予想以上に時間がかかったり、予算オーバーしたり精神的にも負担がかかります。
また、一部注文住宅というものもあります。ある程度決まっている家の形からパーツを選んでいけば家が出来上がるという方法です。全てを自分で考える必要はありませんが、理想度の高い家を実現することができます。基本的には間取りや工法、キッチンやバス、トイレなど豊富な選択肢の中から好みのものを選ぶことができますが、施工会社によって選べる部分は異なります。後で問題にならないようにどこまでできるのかしっかり確認する必要があります。

注文住宅と建売住宅をそれぞれ服で例えるとわかりやすい!?

家づくりを服に例えてみると、なぜ低コストで安い商品を提供できるのかをイメージしやすいでしょう。オーダーメイドの服は自分だけの一点物で素晴らしい服ですが、生地を選んだりサイズを測ったり細かい部分の装飾にこだわったり、時間も費用も掛かります。その点、すでにお店においてある既製品の場合、パターンの決まった大量生産ですのでオーダーメイドと比べるとずいぶん安く買うことができます。また、選んで試着して気に入ればすぐに買って帰り、明日にでも着ることができます。

  土  地 注文・変更 価   格
建売
(オープンハウス)
決まっている 部分的に
可能な物件もあり
お得
注文住宅
セミオーダー
自分で決められる フルオーダーより安い
注文住宅
フルオーダー
自分で決められる 高め