「オープンハウス開催中!」チラシや情報誌によく広告が出ていますよね。他にも似たような言葉として「モデルハウス」、「住宅展示場」、「分譲地」などの言葉もよく目にすると思います。そろそろ家を建てたいなと思ったらまず手にする情報ではないでしょうか。
これらの違いについて知っていましたか?
よく見かけるけどそもそもどういう意味?と疑問に思うことは多いと思います。これらの違いを知って、より賢く家選びを楽しみましょう!

オープンハウスとは

オープンハウスとは、わかりやすく言うと『家の現地即売会、見学会』です。すでにできている実際の家を開放しているので、家の中を自由に見学することができます。販売している物件の場合、日当たりや立地環境も含めて家の見学、購入が来出るため、実際に住む感触をつかむことができるのがメリットです。また、すでに出来上がっているので早く引っ越しができるのもポイントです。一方、出来あがっている部分の変更はできないのがデメリットです。しかし、注文ができない分コストがかかっていないので、注文住宅よりも割安となっているのは魅力的です。
また、ご近所で新築の家を公開しいるご家族など見かけたことがないでしょうか。すでに持ち主のいる家を公開しているのもオープンハウスと呼ばれます。新築を建てた方の厚意で、施工会社の腕前を披露し今後家を建てる方のために見本として公開することもあります。施工会社のお願いで公開する場合、割引や家電のプレゼントなど特典が付く場合もあるようです。つまり、オープンハウスとは文字通り自由に解放された見学できる家ということが言えます。

オープンハウスを購入するメリット

すぐに住むことができる

オープンハウスはその場所にすでに家が出来上がっている状態ですので、基本的には契約が完了すればすぐに引っ越して住むことができます。注文住宅の場合、注文から受け渡しまでかなりの時間がかかるため、待つ期間がどうしても発生します。また、注文住宅とはいえ予算によっては全てが思い通りになるということは難しく、妥協することもあるでしょう。準備とお金と時間をかけて完璧な家を求めるより、「実際に見学して触れていいなと思った家にすぐに住むことができる」というのは幸せなことではないでしょうか。

注文住宅と比べると安い

オープンハウスの場合、建売ですので施工会社が主体で家を作ります。もちろん良い家というのは大前提に、作り手がスムーズに作りやすく無理のない家が作られます。企画住宅といういわば完成された設計に沿って作られます。施工会社が手馴れている設計ですから工期も材料も建築期間も把握しているため、かかる費用に無駄がありません。

オープンハウスを購入するデメリット

少なからず妥協が必要

オープンハウスは既製品です。家はすでに出来上がっているため、無料で注文をつけたり要望を聞いてもらったりするのは難しいでしょう。注文住宅では当たり前にできる要望の実現が、オープンハウスでは、要望を満たす家を探す、という作業になります。理想とする場所にまさにこれがあこがれの家だ!と思う家が見つかればお得な買い物となるでしょう。しかし、どこかで小さな不満は見つかってしまうかもしれません。お手軽な家を買うためならある程度妥協してもいいかなという方にはぴったりかもしれませんが、あこがれや強い希望のある方には不向きな家の買い方です。

希望が通ることがあっても費用が高い

既製品とはいえ、キッチンの変更やオプションとして屋根材を選べるなど一部変更ができる場合もあります。しかし、元からの設計を崩すことになりますので追加や変更の場合、追加費用は高額となる場合が多いようです。安いからと言って購入を決めたのに、一部分を変えるだけで予算をオーバーすることもあります。安易な追加や変更で高額請求をされ、施工会社ともめる家族も少なくないとか…本当にこの家でいいのか、何が必要で何なら我慢できるのか、実物の家をじっくり見ながら考える必要があるでしょう。

神経質な人には向きません

オープンハウスは一般に公開されている家なので他人が家の中に入り歩き回った家になります。間取りも設備も見られていますし、もしかするとトイレも使用された可能性があります。また、たくさんの人が来ているということは細かい傷がついていることも予想されます。確かに新築ではありますが、他人が入っているということが気になる場合、オープンハウスはやめておいた方がいいかもししれません。

貴重な機会!オープンハウスでじっくり見学

現地即売会という意味でのオープンハウスには基本的に家具は置いていません。そのため実際の部屋の広さを実感しやすく、ものがおいてある状態では見えづらいクローゼットや設備もじっくり見ることができます。余計なものがないので家のそのままを見学することができますのでこれからどうするかじっくりとイメージを出しましょう。