家についての知識や情報をあらかた頭に入れたら実際に家を見に行きましょう。住宅展示場や見学会の情報はネットや折り込み広告やフリーペーパーなどで見つけることができます。地元の小さい工務店ではあまり目立たないお知らせもあるかもしれません。特に見学会については、もう売れている家を家主の厚意で行われるため、大きく告知されることは少ないようです。貴重な情報をキャッチするためにもどのような形で住宅見学の情報が見つけられるのかチェックしてみましょう。

見学会とは
ここでいう見学会とはすでに家主が決まっている家で、家主のご厚意により一般公開している住宅の見学のことを言います。言葉の意味に決まりがあるわけではなく、各企業でも言い方が異なる場合があります。まだ売れていない建売住宅等オープンハウス全般も見学会という表現をする場合もあるのでご注意ください。

オープンハウスの情報の種類

投函型のチラシ

新聞と同時に投函される折り込みチラシには住宅に関する広告が満載です。新聞をとっていない場合でも地域誌やチラシ単体で投函されることも多いでしょう。有名ハウスメーカー等の大手は住宅展示場のお知らせはもちろん、分譲住宅地の案内や建売住宅情報等大きく載せているのですぐに見つけられるでしょう。小さい企業の場合、自社で作るチラシのご近所さんへの投函や、地域誌の小さい広告欄のみでの宣伝となる場合もあるようです。

設置型のチラシ

投函物とは違い、自社や知り合い等のお店に置いているチラシもあります。小さい企業や個性的な建築家等、オシャレなカフェや雑貨屋に置いている場合もあります。大きく宣伝をしていない場合もあるので、立ち寄ったお店のチラシコーナーをチェックしてみると良いでしょう。

現地広告

作る前から看板やのぼりがでていることがあります。通勤路や近所で見たことがないでしょうか。住みたいと思っている地域に偵察してみると発見できることがあります。開いている土地や空き家に目星をつけておくと、もしかしたら…ということもあるかもしれません。見学会だけでもあるかもしれないので、良い出会いを得るためには色々なところに足を運ぶことも必要でしょう。

口コミ

ご近所さんだけに配られるチラシや、家の前に建てられたのぼり等から口コミが広がります。建てられた近所やその土地を知っている人が買うことが多いらしく、大きく宣伝しないこともあるようです。広告費をかけない分、安く提供できるということもあるでしょう。そういった目立たないけれども優良な住宅があるので口コミは重要です。また、見学会がある場合は住宅展示場を持っていない地元企業の建てた家を実際に見る良い機会です。

インターネット

大手はネット広告もばっちりです。不動産系の企業は小さい規模でも自社サイトを持っているところは多く、たくさんの情報を得ることができるでしょう。企業のサイトではその企業の情報のみの掲載となりますが、様々な企業の情報がまとめられたサイトもあります。サイトがなくともFacebookやTwitter等のSNSをやっていたりブログをやっていたりする企業もあるのでチェックしてみてください。インターネットには全くノータッチという企業でも優良企業はあるので、色々なところで家情報に関するアンテナを張っておくと良いでしょう。

イベント開催情報を見つけたら

住宅展示場や見学会等オープンハウスの開催情報を見つけたら、まず開催している企業に問い合わせてみましょう。見学をするにあたって予約が必要な場合も多いです。建売や見学会の場合、いきなり行っても営業スタッフが不在で住宅には鍵がかかっている可能性があります。住宅展示場等で大々的に行われるようなイベントは予約が必要ないかもしれませんが、情報が曖昧な場合はしっかり確認をしましょう。