オープンハウスを見学するときは時間が許す限り全てをよく見ましょう。構造や内装など家自体の仕組みはもちろん、周辺環境も含めてあなたの家になるかもしれないのです。実際に見て触ってしっかり確かめてください。

外観・外周り・環境

デザイン

  • 建物の見た目や形。
  • 外壁や屋根の素材。

日当たり、眺め

  • 家の向きや周りの建物。今後周りに建物が建ったらどうなるか、分譲地であれば建築計画を聞いておく。
  • 外壁や屋根の素材。

外構

  • 外構がまだの場合、外構もやるのか、含まれた価格になるのかを聞いてみよう。
  • 玄関へのアプローチ。階段がスロープか、段差や歩きやすさを確かめる。買い物の荷物を運ぶのに不便がないか。
  • 給排水のメンテナンスがしやすいか。
  • 雪が降る地域の場合、雪捨て場や屋根から落ちた時に問題ないか。
  • 駐車場。車庫かカーポートか、下はコンクリートか砂利か、何台置けるか、高さ、停めやすさなどを見る。
  • どのような庭ができそうか。広さはもちろんガーデニングや家庭菜園を考えている場合、土があった方が良い。
  • 隣との距離、境目。ブロックやフェンスの有無をチェック。

周辺環境

  • 近所にどんなものがあるか。スーパーやコンビニ、駅、病院、公園、学校等への距離も確かめる。
  • 近くに怪しい建物がないかチェック。騒音を発する施設やゴミ屋敷など、問題となりそうな建物には要注意。
  • 町内会の活動やゴミ出しルールについて聞けると尚良い。
  • 周辺を歩いて確かめることが大切。

構造

工法

  • 木造でも軸組か2×4工法か、どのような建て方なのかをチェック。建て方によってはリフォームや改築が難しい場合もあるので注意。
  • 基礎、床下、小屋裏、屋根裏、配管等がしっかり施工されているか、見られる部分は見せてもらう。
  • 耐震性の確認。

素材

  • 自然素材なのか、ハウスダストやアレルギーは大丈夫か。壁や屋根、床はどのような素材を使っているか、断熱性、気密性、遮音性等も確かめる。

空調

  • エアコンは全館空調か、部屋ごとに調整か。
  • 暖房方法はどうなっているか。
  • オール電化かどうか。太陽光の場合、パネルも操作させてもらうと良い。
  • 風通しをチェック。空気がどう流れているか、においは気にならないか。湿気対策はあるか。
  • 高気密高断熱住宅の場合、使い方や性能を確認。高い費用がかかるので失敗しないよう要注意。

生活音

  • 家全体の遮音性をチェック。1階2階に分かれて音を確かめると良い。
  • 階段の音やバスルームからの音を同時に確認。バスルームが寝室に近いと夜の使用はうるさいかもしれない。

間取り

リビング

  • 広さの把握。広さを実感するにはソファーやテーブルの大きさを測ると効果的です。入れようと思っている家具がある場合、寸法を測っておくとよいでしょう。
  • ソファーや椅子があったら座って床や壁、梁、天井等部屋全体を見まわして雰囲気を体験しよう。
  • フローリングの場合、スリッパを脱いだときの感触も知っておこう。
  • 窓の位置や日当たり。
  • 家具の配置やカーテンなど理想のリビングをイメージ。壁側に家具を配置したい場合は面積を
  • 吹き抜けの場合、家全体の断熱性や空調がしっかりしているかを聞く。

キッチン

  • シンクやコンロ周りに立って全体の雰囲気を知る。高さや使い勝手等を確かめる。
  • シンクから冷蔵庫までの距離、ダイニングまでのつながり。
  • オープン、アイランド、対面型、クローズ型など様々なキッチンがあるのでどのタイプが自分に合うのかチェック。
  • 料理する動線をイメージする。料理中に冷蔵庫やシンクを使っても邪魔にならない広さが望ましい。

収納

  • 各部屋に十分な収納があるか。内部の大きさを測ってみると良い。
  • キッチンや洗面所にも大容量の収納があると便利。
  • スキーやサーフィンなど大きいものがある場合は大きさを測ってきておくと良いでしょう。
  • ウォークインクローゼットの使い勝手や換気をチェック。換気扇がついているのが理想だが、換気口があるだけでも違う。
  • 床下収納も開けてチェック。構造や仕様も見ることができる。

寝室

  • 防音、遮音効果の確認。プライバシーを守れるか。
  • 換気。空気環境を大切にしたい寝室は湿気やにおい対策も重要。

設備

洗面所

  • 換気や水回り、湿気対策を考える。
  • 洗面台の高さ。自分だけではなく、子供や両親、家族が使いやすいかどうかも考える。

バスルーム

  • 天井、浴槽、床等。気持ちよく利用できるか、汚れがたまりにくいか、掃除はしやすいか。
  • 実際にお風呂に入ったつもりで浴槽に座ってみて全体の広さを把握。
  • 二世帯住宅の場合、滑り止めや手すり、高さや深さなど高齢者の使い勝手も配慮。
  • シャワーの使い勝手、水を出せるなら水圧も確認。

トイレ

  • 実際に便座に座って広さや高さをチェック。新聞を広げてみると尚良い。
  • 手すりがない場合、つけることを考えると広い方が良い。
  • ドアの開き方。
  • 手洗いまでをひとくくりに考えた方が良い。タンクレスだと手洗いが別になる。
  • 各階にトイレが必要か考える。

階段

  • 実際に上り下りして蹴り上げと踏み面、高さ、幅、音を確認。
  • 手すりやコーナー笠木などの安全性。
  • 階段の位置。リビングにある場合と廊下にある場合を考察。
  • ペットがいる場合はペットへの配慮もあると良い。

照明、電気、コンセント

  • コンセントの数は足りているか。電源の確保は住み始めると意外と苦労するポイントです。
  • 各スイッチは押しやすい位置にあるか。
  • ブレーカーが区画ごとに分かれているか。

建具、造り付け

  • ドアやサッシの可動部分は実際に開け閉めをして感触をチェック。
  • 造り付けの棚やテーブルの使い勝手。

デッキ、ベランダ

  • 広さ、高さをチェック。洗濯物を干したりテーブルを置いて家族で食事をしたり、どのように使いたいかイメージし、その通り使えそうか。
  • 掃除やメンテナンスがしやすいか。外にあるので雨風雪等に長く耐えてくれそうか。

その他

営業スタッフ

  • 真摯に対応してくれるか。メリットはもちろんデメリットもしっかり話してくれる方が信用できる。
  • 話しやすいか、話が合うかも重要。案内してもらった人が担当になる可能性が高いので後々も付き合いやすい人が良い。

テイスト

  • 壁紙等の全体的なデザイン。置きたいものや飾り付けたいもの、カーテンなど自分たちの趣味と合うかどうか。

掃除

  • 掃除が簡単にできそうか。高い窓や凝った建材は掃除がしにくいこともあるので、掃除方法を聞く。

バリアフリー

  • バリアフリーをどれだけ配慮しているか。二世帯住宅や高齢者と暮らす場合はあった方が良い。